〔Facebookで有志が集まる〕花を届けるコロナ支援の新しいカタチ

871view

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、世の中には様々な取り組みがされています。
・手作りマスクを配布
・在庫過多になった商品を特別価格で販売 など
そんな中で、facebook上ではじまった素敵な試みがあります。
コロナウイルスと戦う人たちに生産者が花を送り、心の支えにしてもらおうという取り組みです。

Facebook上では、どんどんシェアされつつあるようで、今後の広まりが期待できます。そんな情報を今回はお届けします。


花の持つ力でコロナファイターを支えるプロジェクト


「あなたの周りに、コロナファイターはいますか?」

コロナファイターという言葉をご存知ですか?新型コロナウイルスの拡大で、慌ただしい毎日を送る人達がいます。医療関係者、マスクや消毒液の製造・販売する方々、家庭での子育てを余儀なくされたお母さん達、彼らは突然襲ってきた新型コロナウイルスによる感染拡大で、日々ヘトヘトになるまで頑張っています。

そんなコロナウイルスと戦う人達を「コロナファイター」と呼ぶそうです。

そして今、花の生産者がコロナファイターを助けるプロジェクトがfacebook(フェイスブック)上で立ち上がっているのをご存知ですか?
胡蝶蘭生産者も投稿していて、これから大きな広がりをみせていきそうなので、ぜひチェックしてみてください。


コロナファイター支援プロジェクトとは?


このプロジェクトはとても社会的意義のあるもので、コロナファイター達に、花や植物をプレゼントし、疲れた心の支えにしてもらおうというものです。

それも「花の生産者」が「コロナファイター」に花を送るのです。
花屋の閉店も相次ぐ中、一番その花の可能性や魅力を理解している生産者と、今一番頑張っているコロナファイターを結ぶプロジェクトです。

そして、花の生産者が応援していますという気持ちを込めてプレゼントされる花、本当に素敵なプロジェクトだと思います。
ヘトヘトになりながら毎日頑張れば、心がすり減っていきます。
そんな心にも寄り添い、元気をわけてくれるのも、花や植物です。

あなたの周りで新型コロナウイルスの拡大により、毎日大忙しでボロボロになっている方がいらっしゃる場合には、声を掛けてみてはいかがでしょうか。
もし、ご自身がそのような立場でいらっしゃる場合は、ぜひ活用をしてみてください。

疲れた時こそ、心に余裕がない時こそ、花はきっと心の支えになってくれると私も信じています。

「参考になった!」「これからも期待しているよ!」そんな気持ちでしたらクリックお願いします

TOP