新型コロナウィルス緊急事態宣言 Stay Home(ステイホーム)おうちで花を胡蝶蘭を!

951view

ご存知の通り、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、この春、卒業式や入園・入学式、入社式が、さらには結婚式、創業記念、落成記念までもが延期や中止になったり、web映像にて行われています。

この結果、本当であれば、多くの人が集まるこれらのイベントで飾られるはずだった花が行き場を失っています。

開花期間が短い花は、行く先がないまま枯れてしまい、捨てられていると聞きます。

とても心が痛む事実です。

┃胡蝶蘭もいずれは捨てられてしまう

花の中でも特に胡蝶蘭は、春に集中する記念のイベントなどに贈られることが多い花。

従って、生産者は、需要が増える春に向けて満開になるように胡蝶蘭を計画的に育てます。

しかし、新型コロナウィルスの影響で、その春の最盛期需要が激減してしまいました。

その結果、たくさんの胡蝶蘭が、いまだ農園にあふれてしまっている状況だということです。

胡蝶蘭は、長ければ3カ月程度は咲き続ける花。

このため、幸いにもまだ開花の状態は続きます。

長く咲く胡蝶蘭とはいえ、いずれは枯れてしまいます。

新型コロナウイルスの収束時期が見通せないのであれば、破棄されるのを待つだけの状態です。

一方、新型コロナウイルスの感染を避けるために、3つの密を避けることを多くの人が心がけています。

ご存知のように3つの「密」とは「密閉・密集・密接」のこと。
(1)換気の悪い密閉空間
(2)多数が集まる密集場所
(3)間近で会話や発声をする密接場面

そして、人との接触機会を8割減らすために外出を自粛するよう要請があります。

┃Stay Home 家で胡蝶蘭を楽しみましょう

外出を自粛し「Stay Home」ということで、自宅で過ごす時間が多くなっていることでしょう。

人との接触を8割減らす代わりに、花を眺める時間、花を楽しむ機会にあてませんか?

行き場を失い、農園であふれてしまった胡蝶蘭を安く提供しているショップがあります。(以下の画像からリンク 2020.4.16)

大輪胡蝶蘭3本立24輪が5,000円(+消費税)

おそらくこの値段では、利益はないはずです。

廃棄してしまうのにも労力と費用がかかるため、また、心情的にもせっかく育てたものを廃棄するくらいならということもあっての値段でしょう。

自宅に大輪胡蝶蘭?いつもの生活空間に胡蝶蘭?

あまりに特別すぎて、おそらく過去になかったことではないでしょうか。

Stay Home(ステイホーム)

家にいなくてはならない時間が多いのなら、いつもと違う華やかさがあっても良いではないですか?

┃世話が大変?!

自宅に胡蝶蘭を置いたことがなければ、こんな疑問がわくことでしょう。

Q:こんなに大きな花があって、匂いに酔ってしまわないかしら?
A:胡蝶蘭は、ほぼ無臭です。

Q:毎日の水やり、日に当てるのがたいへんそう
A:水は、1~2週間に1度程度で十分、日に当てる必要がないインドアフラワーです。

だから、特に面倒なことはなく楽しめること請け合いです。

先がわからない悲観的な情報ばかりがあふれかえっている時は、一時的にその情報をシャットダウンすることも心のケアとしては必要だと聞きました。

気にはなるとは思いますが、時にはコロナウイルスの報道や対策から離れて、花を眺める時間にしませんか?

 

「参考になった!」「これからも期待しているよ!」そんな気持ちでしたらクリックお願いします

TOP