【10周年祝い】会社の周年祝い・創立祝いに胡蝶蘭を贈る方法

327view

どういう胡蝶蘭を贈るのかを決めたら、周年記念日に合わせて胡蝶蘭を手配します。(周年祝いの胡蝶蘭の選び方や相場

しかし、いざ贈ろうと思っても、胡蝶蘭を贈るための贈答品のマナーや贈り方が分からず、どうしていいのか悩んでしまうことがあるかもしてません。あらかじめ胡蝶蘭を贈る際のマナーを学んでおくことで、相手に対して失礼にならないお祝いを届けることができます。

そこで今回は、周年祝い・創立祝いに胡蝶蘭を手配するためのマナーやノウハウをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


周年祝い・創立祝いの胡蝶蘭はいつ手配すればいいのか?


花を贈るのは記念日の当日、もしくはその2,3日前までに贈るのが一般的です。
記念の式典やイベントがある場合には、開催前日までに届くように手配しましょう。
1周年、3周年、5周年と縁起のいい吉数でお祝いを贈ると喜ばれます。また、10周年、20周年といった節目の年にお祝いを贈るのも喜ばれるでしょう。


周年祝い・創立祝いで贈る贈答品としての胡蝶蘭


|立札と書き方

周年祝い・創立祝いに胡蝶蘭を贈る場合には、必ず立札を付けてお送りしましょう。
せっかくのお祝いの品なのに、立札がないと誰からのお祝いなのか分からなくなってしまいます。

また、このようなビジネスシーンにおいては、受け取った相手に対してのアピールにもなります。
それに加え、胡蝶蘭は人が集まる場所に置かれるので贈り主の存在をアピールし、知名度を上げるチャンスにもなります。
このように立札は重要な役割を果たしてくれます。(詳しく知りたい方は、立札の役割や種類で紹介しています。)

立札に記載する場合の文言例としては、「祝 設立〇〇周年」「祝 〇〇周年」「祝 創立〇〇周年」「創立〇〇年御祝」などがあります。

|ラッピング

お祝いの贈答品です。胡蝶蘭にはラッピングをして贈りましょう。
ラッピングカラーの赤は「火事を連想させる、赤字を連想させる」こともあり、赤一色を選ばれることは少ないです。
贈り先の会社のイメージカラーに合わせたラッピングカラーにすると喜ばれることでしょう。(ラッピングによる通販サイト比較もしていますので、購入先の参考にしてみてください。)

いかがでしたでしょうか。
今回は、周年祝い・創立祝いで胡蝶蘭を手配する方法を紹介しました。周年祝いは相手の節目を祝い、今後の更なるお付き合いを願うものでもあります。マナーや相手への気遣いなどを踏まえて、大切な取引先の周年祝い・創立祝いに胡蝶蘭を贈ってみてください。

「参考になった!」「これからも期待しているよ!」そんな気持ちでしたらクリックお願いします

TOP