胡蝶蘭を贈る際のラッピングはどうすればいいのか?

1,226view

胡蝶蘭を買う際には必ずラッピングのことを聞かれます。日本での胡蝶蘭は、贈答品としての側面が強いため、贈る際は綺麗にラッピングをしてから贈ることがほとんどだからです。

そこで今回は、胡蝶蘭のラッピングに関して解説していきたいと思います。参考にしてみてください。


胡蝶蘭にラッピングは必要か?


胡蝶蘭を贈答品として贈る場合は、必ずラッピングをしましょう。ラッピングがないと、鉢がそのまま見える状態になってしまいますし(鑑賞用のデザインされた鉢であればいいのですが)、そもそもラッピングは贈答品の基本です。
またビジネスシーンにおいて、他の会社から贈られてきた胡蝶蘭と並んだ時に、ラッピング次第で豪華さや華やかさも違って見えます。ラッピングは贈答品胡蝶蘭にとって、重要な役割を担っていると言えます。


ラッピングはどれを選べばいいのか?


胡蝶蘭のラッピングには様々な色が用意されていることが多いです。どの色を選べばいいのでしょうか?

これは決まったルールがあるわけではありません。また、お店によって選べる色やラッピングの素材が異なってきます。花の色と用途を伝えると、それに合うような色を選んでくれる「ラッピング色はお任せサービス」などを受けてくれる胡蝶蘭の通販サイトも見受けられます。困った時はこういうサービスを活用していきましょう。

例えば、以下のような通販サイトはお任せサービスに対応しています。

 

色選びは、それ以外にもお店や会社のイメージカラー、相手の好きな色などに合わせると、喜ばれるかもしれません。

|ラッピングで注意すべきこと

ラッピング色に関して決まったルールがあるわけではないと言いましたが、少しだけ注意して欲しいポイントがあります。

開店祝い、新築祝いとして贈るのであれば、赤色は避けた方が無難です。赤色は、赤字や火事を連想させる色であるため、不快に思う方もいらっしゃるかもしれません。お届け先の会社が赤のイメージカラーだったり、赤色が大好きな方に赤色のラッピングで贈りたい場合は、白い花と合わせて「紅白」として贈るのがいいかもしれません。

その他にも供花として贈ることもあります。この場合は派手なものは避け、落ち着いた色の包装紙にしましょう。お悔み用の胡蝶蘭では、落ち着いた紫色や淡い緑色のラッピングを選ばれる方が多いです。故人がピンク色が好きだったからといって、ピンク色のラッピングを選ぶのは、ご遺族に失礼に当たる可能性があるので気をつけましょう。


参考までに色による印象


色による相手に与える印象もまとめておきましたので、こちらも参考にしてみてください。

赤色 活動的、情熱的、生命、衝動的 意欲を出させる色 → 勝敗をかけたお祝い、還暦など
橙色 家庭、自由、暖かい、仕事 思いやりのある親しみやすい色 → 男性に対して、お見舞いなど
黄色 向上心、知識、幸福、軽快 気分を明るくする色 → 開店祝い、四十九日を過ぎたお悔みなど
緑色 穏やかさ、調和、平和、自然 自然を象徴する色 → 就職祝い、新築祝いなど
青色 安全、冷静、清潔、さわやか 知性や冷静を感じさせてくれる色 → 男性に対して、お悔みなど
紫色 高貴、魅力的、神秘、優雅、非現実的 感受性を高める色 → 古希祝い、お悔みなど
ピンク 幸福、感謝、幼さ、優しさ 優しい気持ちになる色 → 女性に対してなど
白色 清潔、美しさ、純粋、潔さ 清潔感や純粋さをイメージさせる色 → 結婚式、お悔みなど
金色 高級、成功、富、輝き、豪華 特別なものや高級感をイメージさせる色 → 設立記念、上場記念など


ラッピングが豪華にできる胡蝶蘭販売サイト紹介


ラッピングによって見た目の印象が華やかになったり豪華になったりします。
ラッピングは基本的に無料でも、プラスいくらで豪華なラッピングにすることができます、といった胡蝶蘭販売サイトも見受けられるほどです。

参考までにラッピングの種類の豊富さや豪華なラッピングをしてくれるサイトをいくつか紹介します。

いかがでしたでしょうか。
今回は、胡蝶蘭のラッピングについて紹介してきました。胡蝶蘭は花姿も豪華で華やかですが、ラッピングによっても大きく印象が変わります。せっかく贈るのですから、相手に喜んでもらえるよう、ラッピングにもこだわってみるべきだと思います。
相手の好きな色やイメージカラーなどを想像しながら、胡蝶蘭のラッピングを豪華なものにしてみてはいかがですか。

「参考になった!」「これからも期待しているよ!」そんな気持ちでしたらクリックお願いします

TOP