2019年「母の日」には胡蝶蘭の花のプレゼントがおすすめ

1,750view

2018年の母の日はどうでしたか?何か母親へプレゼントを渡しましたか?もし渡してない方は、2019年がチャンスです。
前年に何ももらってないと、今年は何も期待しませんから、今回プレゼントを渡した場合、2倍喜んでくれるかもしれませんよ。プレゼントの内容によっては、それが4倍になることでしょう。

そこで今回は、2018年の世の中の母の日事情を少し紹介しながら、2019年の母の日に胡蝶蘭をプレゼントするのがおすすめの理由を紹介します。少し興味を持っていただけたら、最後までお付き合いください。

〔ポイントだけ!〕2019年の母の日プレゼント
1.母の日は5月の第2日曜日であるため、2019年は5月12日(日)です。
2.昨年の母の日の市場規模は伸びており、年間のイベントでは3番目の規模となっています。
3.母の日ギフトにおすすめの花「胡蝶蘭」人気の理由やプレゼントに喜ばれるわけ5選
  ①清潔 ②豪華 ③長持ち ④お手頃価格 ⑤楽な世話

2019年の母の日はいつ?


母の日は、国民の祝日ではありませんが、母親に感謝をするイベントとして位置づけされています。実はこの「母の日」は、世界中にも存在するイベントなのです。ただし各国によって日程は様々で、ヨーロッパでは各国バラバラ、中東の国では3月21日が多いようです。
日本は、アメリカ、ドイツ、イタリア、中国などと同じで、5月の第2日曜日と定められています。
このことから2019年の母の日は以下の日程になります。

2019年の母の日 5月12日(日)

ちなみに、2020年の母の日は、5月10日(日)です。
少し歴史的な話になってしまいますが、母の日の成り立ちなども紹介していますので、気になる方はそちらもご覧になってみてください。


昨年の母の日事情


ゴールデンウィークを終えると街は母の日一色になります。それだけでも、多くの人が母親に感謝の気持ちを込めて花やプレゼントを贈っていることが分かります。では、日本において母の日はどれくらい盛り上がっているイベントなのでしょうか。

日本記念日協会の推計では、2018年の母の日の市場規模は約1,170億円とされており、2017年と比べると約35億円増加しているそうです。2018年のイベントごとではハロウィンを抜き、クリスマス、バレンタインに次いで3番目の市場規模をとなっています。このことからも、母の日には多くの人が母親にプレゼントを贈っていることが分かります。
少子化の中でも2018年には母の日の市場規模が増えている要因として考えられるのは、「花+旅行」や「花+レストラン」などプラスαでプレゼントを贈る人が増えていること、花がカーネーションだけでなく母親が好きな花や豪華な花など単価の高い花をプレゼントする人が増えていること、母親自身が自分にご褒美を買う人が増えていること、などが考えられると思います。

イベント 昨年の市場規模
1位 クリスマス 7,000億円
2位 バレンタイン 1,300億円(6%減)
3位 母の日 1,270億円(3%増
4位 ハロウィン 1,240億円(5%減)

2019年はやっぱり胡蝶蘭がおすすめ


母の日シーズンになると、毎年、花屋やプレゼント売場が母の日で賑わいますが、2019年はどんなプレゼントにしようか、すでに決めていますか。2018年の母の日事情でも紹介しましたが、母の日の市場規模は前年に比べて大きくなりました。
花を贈るなら、母親の好きな花や豪華な花を贈りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。母の日に人気の花と言えば、カーネーション、バラ、アジサイ、蘭などがあります。
花が長持ちしプレゼントしたままの状態で飾っておける鉢植えを贈る場合、花が土に植えてあるため、部屋が汚くなったり、虫がついたりしてしまいます。花をもらうことは嬉しいのですが、このことは母親としてはけっこう嫌なことだったりします。
しかし胡蝶蘭のプレゼントは、このような心配をしなくていいのです。胡蝶蘭の鉢植えは土を使わないため、部屋が汚れたり虫が湧く心配がほとんどありません。綺麗な花姿や豪華な見た目であることがプレゼントとして人気な理由ですが、土を使っていないことは母親にとって嬉しい花のプレゼントになるでしょう。やはり2019年の母の日には、胡蝶蘭の花がおすすめです。

胡蝶蘭が2019年母の日に喜ばれるわけ5選
虫が湧いたり部屋が土で汚れるのは嫌 胡蝶蘭は他の花と違い、土を使っていません。そのため、部屋が汚れたり虫が湧くといったことが無いのです。好きな場所にポンと置いておけば毎日可愛い花を見ることができます。
せっかくのプレゼント安物に思われたくない 胡蝶蘭と聞いてまず思い浮かべるのは豪華な印象です。高い安いは大輪とミディで大きく違ってくるのですが、胡蝶蘭のプレゼントと聞いて安っぽい印象を受ける人はいません。
すぐに花が枯れてしまうのは寂しい

胡蝶蘭は、なんと花が長持ちするんです。2~3カ月咲いていることも珍しくなく、寒さの苦手な胡蝶蘭も5月の母の日シーズンでは、花が長持ちする環境が揃っています。

感謝したいけれどあまり高いものは選べない 「胡蝶蘭と聞いていくらだと思いますか?」1万円?2万円?個人のプレゼントに選ぶミディ胡蝶蘭は、数千円なんです。感謝の気持ちを花に込めて渡すには、ぴったりな金額です。
ズボラな母親には花より食べ物にしようかな 花の世話が楽なのが胡蝶蘭の特徴です。基本は放置で問題ありません。水やりも1~2週間に一度、思い出した頃に与えれば花は長持ちします。ズボラな母親にこそ胡蝶蘭がおすすめです。

もし胡蝶蘭をプレゼントしようと思われた方は、2018年に母の日プレゼントとして胡蝶蘭を買おうと思った際の調査結果も参考になると思いますので、そちらも参考にしてみてください。(母の日用の特別なラッピングとは、母の日用の特典や割引とは)

いかがでしたでしょうか。
今回は、2019年の母の日には胡蝶蘭のプレゼントがおすすめな理由を紹介しました。1年に1回ある母の日は、普段はなかなか言えない日頃の感謝の気持ちを伝えることができる記念日です。恥ずかしかったり興味がなくて、今まで何もしてこなかった方も2019年は母の日に胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょう。

「参考になった!」「これからも期待しているよ!」そんな気持ちでしたらクリックお願いします

TOP