社長就任祝いに合った胡蝶蘭の選び方を解説

2,965view

はじめて贈答用の胡蝶蘭を買おうと思っている方にとっては、胡蝶蘭そのものもそうですが、立札への記載内容、ラッピング選びも含めると、購入が難しそうに感じられることでしょう。

特に、取引先の社長就任となれば、今後のお付き合いもあるため、失礼があってはならないという気遣いも加わり、余計に難しく考えてしまうのも当然だと言えます。

そこで今回は、社長の就任祝いでどういった胡蝶蘭を選べばいいのかをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

追記:類似したテーマで以下の情報がありましたので合わせてご紹介します。
出典:日本胡蝶蘭「就任・栄転・昇進のお祝いレポート」(左記をクリックすると該当する別ページが表示されます)

 

 


そもそも社長就任祝いとは?


社長就任とは新しく社長が交代することであり、会社にとって非常に大きな出来事です。
そして新しく社長に就任する方に対し、お祝いの気持ちや今後の発展を願う気持ちを品物に託して贈られるのが社長就任祝いです。

会社にとっても個人にとっても大きな意味合いを持つのが社長就任です。大切な取引先の場合には、ぜひ就任祝いを贈りましょう。


社長就任祝いに贈る胡蝶蘭の相場



一般的には、3~4万円程度の花を贈られる方が多いです。上場企業などの場合は、5万円程度の花にすると間違いないでしょう。お祝いする相手との関係性で相場をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

(個人購入)友人・知人の社長就任祝い 1万円程度
(法人購入)取引先の社長就任祝い 3万円~4万円程度

(法人購入)重要な取引先の社長就任祝い

(法人購入)上場企業の社長就任祝い

5万円程度

もし金額に迷われたら、少なめよりは多めの方がいいでしょう。社長就任祝いでは多くの方が胡蝶蘭を贈られます。その際に自分の贈った花が見劣りしてしまわないようにしたいです。


社長就任祝いにはどういう胡蝶蘭が選ばれているのか


相手との付き合いの深さや関係性によって変わってきますが、社長就任祝いには大輪の5本立ち(白・白赤・ピンク)を選ばれる方が多いです。

社長就任祝いにピッタリな、当サイトおすすめの胡蝶蘭を紹介しておきます。

   

いかがでしたでしょうか。
社長の就任祝いにどんな胡蝶蘭を贈ればいいのかイメージがついたでしょうか。
胡蝶蘭と予算を決めた後は、立札、ラッピング、贈る時期などの贈り物としてのマナーを学びましょう。こちらのページに、社長就任の際に胡蝶蘭を贈るためのノウハウやマナーを紹介していますので、参考にしてみてください。
喜んでもらえる胡蝶蘭を選んで、ぜひ大切な相手の社長就任祝いを贈ってみてください。

 

「参考になった!」「これからも期待しているよ!」そんな気持ちでしたらクリックお願いします

TOP