胡蝶蘭の回収・引き取りサービスを利用して不要な胡蝶蘭を処分する方法

2,569view

お祝いやお悔みでいただいた胡蝶蘭ですが、花も1~2カ月で終わってしまいます。咲き終わった胡蝶蘭は、病気でなければまた育てて花を咲かせることもできます。(2番花を咲かせる方法)(来年また花を咲かせる方法
育てればまた咲くとはいえ、管理しきれない場合、社内に育てる人がいない場合、保管場所がない場合なども多く、残った胡蝶蘭の処分に困ってしまう方もいるのではないでしょうか。
その数が多ければ尚更悩みは大きくなります。自ら処分するのも大変手間で、解体や分別などで半日はかかってしまうかもしれません。
たくさんもらった胡蝶蘭でも、できれば簡単に処分したいですよね。

そこで今回は、不要になった胡蝶蘭を業者に回収・引き取りしてもらう方法をご紹介したいと思います。


不要な胡蝶蘭を回収・引き取りしてくれるサービス


そんな悩みを解決するべく、胡蝶蘭専門の通販サイトなどでは不要になった胡蝶蘭の回収・引き取りを行っているところがあります。
自社の商品であれば引き取り料金が無料であるところや、業者によっては引き取り料金や回収方法も様々です。この辺りのサービス内容は、回収業者によって様々です。
では、どのような回収方法があり、料金はいくら位なのかを紹介します。

|どんな回収・引き取り方法があるのか?

不要になった胡蝶蘭を回収・引き取りしてもらう方法は2つあります。

  • 自分達で梱包し、宅配便で回収業者へ送る方法
  • 回収業者の予約をし、取りに来てもらう方法

宅配便で送る場合は全国どこでも利用できます。業者に依頼をして、回収・引き取り料金などの確認をした後に、宅配業者に集荷をしてもらう流れです。
回収業者に取りに来てもらう場合は、エリアが限られていることが多く、どの地域でも利用できるわけではありません。都心部では引き取りに来てくれる業者も見つけやすいですが、そうでない地方の場合はなかなか難しいかもしれません。

|胡蝶蘭の回収にはいくら位かかるのか?

自分達で梱包し、宅配便で回収業者に送る場合の送料等は自己負担となります。しかし引き取り料などは、業者によって様々です。
取りに来てもらう場合は、引き取り料に加え、出張費がかかるところがほとんどです。ただし、回収する量が多い場合は出張費もそれに合わせて安くなる業者が多いようです。出張費に関しても各社様々です。

その上で各社の料金を比べてみると、胡蝶蘭の回収・引き取り料金は、一鉢で1,000~2,000円前後のところが多いようです。

その他に、胡蝶蘭が自分の所で買われたものだった場合、回収料が無料になるサービスを行っている会社もあります。胡蝶蘭が不要になった場合、胡蝶蘭に付いているタグを見て、不要な胡蝶蘭の回収サービスを行っているところかどうかを確認してみるのが良いと思います。

|胡蝶蘭の回収・引き取りを行っているサイトを紹介
Orchid ReUse

回収方法「宅配便で送る」

胡蝶蘭の引き取りにかかる料金
引き取り料金2,000円 + 宅配便の料金

回収までの流れ
不要な胡蝶蘭をダンボールに梱包し、申し込みをします。その後引き取り料金を支払い宅配業者にダンボールを回収してもらう流れです。

対応地域
全国

胡蝶蘭専門店はなやか本店 回収方法「引き取りに来てもらう」

胡蝶蘭の引き取りにかかる料金
一鉢につき3,000円

回収までの流れ
ショップで出張引き取りサービスを購入し、引き取りに来てもらいます。引き取りは最短で営業日から3日後です。

対応地域 関東の一部地域
東京都※離島除く、埼玉県、神奈川県(横浜市、川崎市、相模原市)、千葉県(一部地域)

Season Hearts 回収方法「引き取りに来てもらう」

胡蝶蘭の引き取りにかかる料金
出張費(0円~6,000円) + 900円×鉢数

回収までの流れ
不要な胡蝶蘭の回収希望を伝え、引き取り希望日などを確定させます。その後、回収に来てくれた際に料金などを渡します。

対応地域
東京都23区

ねば~らんど 回収方法「引き取りに来てもらう」

胡蝶蘭の引き取りにかかる料金
回収基本料金2,000円 + 750円×鉢数

回収までの流れ
不要な胡蝶蘭の回収希望を伝え、料金などを確認します。その後引き取りに来てもらう日を決めて回収してもらいます。

対応地域
大阪府内及び周辺地域

花風舎/Soel Flowers 回収方法「引き取りに来てもらう」「自分で持ち込む」

胡蝶蘭の引き取りにかかる料金
無料

回収までの流れ
電話をし「出張回収」か「持ち込み回収」かを伝えます。その後出張回収の場合は電話で予約をした日に引き取りに来てくれます。持ち込み回収の日は自分が都合がいい日に来店して不要な胡蝶蘭を渡します。

対応地域
出張回収の場合は、静岡県浜松市のみとなっています。

 
|鉢のみの回収を行ってくれるサイトを紹介

今まで紹介してきたもの以外にも、胡蝶蘭処分の中でも処分に困る「鉢のみの回収」を行っている業者もあります。

business flower 回収方法「引き取りに来てもらう」

鉢の引き取りにかかる料金
2,160円 × 鉢数(10鉢以上は別途見積もり)

回収までの流れ
フォームより鉢回収の依頼をし、引き取り料金の確定させます。その料金支払い後、鉢の回収に来てくれます。回収日は毎月5日、10日、15日、20日、25日となっているようです。

対応地域
東京23区、全国の主要都市

海老名洋蘭園 回収方法「引き取りに来てもらう」

鉢の引き取りにかかる料金
1,080円 × 鉢数 + 交通費(無料~2,160円)

回収までの流れ
フォームより鉢回収の依頼をし、折り返しの電話にて日程調整をします。鉢の回収に来てくれた際に料金を支払います。回収日は毎月5日、15日、25日となっているようです。

対応地域
東京都、神奈川県


いかがでしたでしょうか。
今回は、不要になった胡蝶蘭の回収・引き取りをしてくれるサイトを利用し、胡蝶蘭を処分する方法を紹介しました。胡蝶蘭は花持ちが良いとはいえ、いずれは花も萎れて落ちてしまいます。そんな時、少ない鉢数であれば処分もそんなに手間取らないですが、数が多い時には胡蝶蘭の回収業者に依頼した方が早く片付きます。料金は少しかかりますが、回収された胡蝶蘭は再度育てられて福祉施設に寄贈されたり、鉢などの資材は環境のことを考え再利用されたりしているようです。
間接的ではありますが、胡蝶蘭の処分ひとつとっても、そのような社会貢献に少しお金を払ったと思えば、高い金額ではないかもしれません。
今回紹介した方法が、胡蝶蘭の処分に困っている方の参考になれば幸いです。

※掲載情報は調査した段階での情報です。最新の金額や対応地域に関しては各サイトにてご確認ください。

「参考になった!」「これからも期待しているよ!」そんな気持ちでしたらクリックお願いします

TOP