不要な胡蝶蘭がお金に?査定・買取サービスを解説!

437view

お祝いでいただいた胡蝶蘭ですが、たくさん量があり過ぎると置き場所に困るケースもあるかと思います。そうした場合、咲いたままの胡蝶蘭を買取してくれるサービスがあるのをご存知ですか。
当然、大きさ、状態、種類などによって金額は変わりますが、しおれる前であれば、買取をしてもらえるかもしれないのです。せっかくいただいた胡蝶蘭を飾れないまま枯らしてしまうくらいであれば、買取サービスを利用しようと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一方で、このような胡蝶蘭の買取サービスは、あまり聞きなれない方も多いでしょう。実際のところどうなのかを業界の人に聞いてみましたので、今回は胡蝶蘭の買取サービスについて紹介したいと思います。


胡蝶蘭の買取ってどういうこと?


まずは、あまり聞きなれない、胡蝶蘭の買取についてご紹介しましょう。
  

|どんな時に胡蝶蘭の買取をお願いするの?

お祝い事には欠かせない胡蝶蘭ですが、大きなイベントであればあるほどいただく花の数も多くなることでしょう。胡蝶蘭の管理は簡単とはいえ、最低限のお手入れは必要ですし、何より置く場所の確保は大変です。ある一定以上は手元に置けない場合もあるでしょう。
もちろん買取以外にも、胡蝶蘭を捨てるという選択肢もあります。しかし「捨てる」のは、意外と簡単ではありません。(処分方法や分別などを紹介
今ではごみの分別が細かく定められている地域が多いので、数が多くなってくると大変な作業にもなりますし、捨てる際には人目も気になります。
そんな時のために、胡蝶蘭の買取サービスを行っている会社があります。
 

|胡蝶蘭の買取って何?

胡蝶蘭の買取とは、花の種類、立ち数、輪数、開花状況などから査定をし、査定額に応じてお金をもらえるというサービスです。
買取依頼をすると、胡蝶蘭の状態を聞いて概算の見積もりなどを出してくれるところが多いようです。金額に納得がいけば、予約した日時にスタッフが取りに来て胡蝶蘭の引取りと、買取金額の支払いをしてくれます。

買取対象の胡蝶蘭(何本立ち、何輪以上など)も業者によって違うようなので、事前の確認が必要です。


買取金額はいくらくらいになるの?


一番気になるのは、いくらで買取してもらえるかです。
買取サービスを行っている業者を調べてみると、買取金額は、花の大きさ、状態、種類によって変わりますが、一鉢で1,000円~2,000円前後のようです。

当然ですが、花やつぼみの数が多く新鮮な胡蝶蘭の方が高額になる傾向があります。また、満開の場合は買取は難しいところが多いようです。もし買取サービスを申し込む場合は、胡蝶蘭をもらってからなるべく早いうちに利用しましょう。
また、出張にて取りにきてもらうので、査定額から交通費を引かれるようです。


胡蝶蘭の買取をおこなっている会社紹介


胡蝶蘭の買取を行っている会社をいくつか紹介しておきます。ぜひ参考にしてみてください。

胡蝶蘭買取専門店SHOWA

【エリア】
京都府、大阪府、兵庫県の一部の市町村

【サービス内容】
買取サービス利用の基本料金として5,000円が発生します。合計買取金額が8,000円だった場合、8,000-5,000=3,000円の金額をいただけるようです。
ミディ胡蝶蘭も買取してもらえるようです。

LAND'S END

【エリア】
不明

【サービス内容】
3本立ち30輪以上が買取対象のようですが、ミディ胡蝶蘭も買取してもらえるようです。


胡蝶蘭買取の実情


これまで、胡蝶蘭の買取サービスについて紹介してきました。
しかし、このサービスの利用をあまりおすすめできない実情も知ることができましたので、こちらに記載したいと思います。

そもそも胡蝶蘭の買取を行っている会社は少なく、やっても儲けられないという実態があるようです。買取した胡蝶蘭をその後どうするのか、その受け入れ先(買取った後の売り先)がないとのことでした。数年前から胡蝶蘭の買取を始めた会社は、買取部門が全然採算が合わずに困っているという話も聞きました。
そうなってくると、現在胡蝶蘭の買取をしている会社も、あまり積極的に行っているところは少ないのではないかと推測できます。胡蝶蘭の回収・引き取りの需要が多いだけに、買取をやり出してみたはいいものの、やってもあまり意味がないと感じ、片手間になっているところもあるのではないでしょうか。
もしそうした会社に買取を依頼してしまうと「積極的に買取させてください」という対応ではなく、「粗探しをして安く買えればいいや」という対応をされてしまうかもしれません。
それでは、せっかくお祝いで胡蝶蘭をいただいたのにも関わらず、嫌な気分になってしまいます。

もし胡蝶蘭の買取を希望される方がいるとすれば、この辺りの実情を理解した上で申し込まれた方がいいのではないかと思います。

いかがでしたでしょうか。
今回は、不要になった胡蝶蘭の査定・買取サービスについて紹介してきました。胡蝶蘭の買取は、花の状態が基準を満たしていない場合は買取不可となる場合もあり、その場合は、引き取りの処分費用や出張費用を請求されてしまうので注意も必要です。
また、式典のみの使用では、1日のみで胡蝶蘭の役目の終わってしまいます。そんな時に買取サービスは候補のひとつとして挙げられますが、買取業者の実態を知ってしまうと、過度な期待は持てないことも理解しておく必要があるでしょう。

「参考になった!」「これからも期待しているよ!」そんな気持ちでしたらクリックお願いします

TOP