出産祝いにプレゼントする胡蝶蘭の値段や選び方

404view

そもそもどういった胡蝶蘭、いくら位の胡蝶蘭を選べばいいのか分からない方のために、ここでは胡蝶蘭の選び方について、花の種類や相場なども含めてご紹介します。
はじめて胡蝶蘭を買おうと思っている方などは、ここで購入する花のイメージを持っていただければと思います。

今回は出産祝いに喜ばれる胡蝶蘭をどう選べばいいのかをご紹介します。また出産祝いでは定番にこだわらず、相手が喜びそうな胡蝶蘭を選ぶこともお勧めします。


そもそも出産祝いに胡蝶蘭のプレゼントってどうなの?


出産祝いでは、産まれた赤ちゃんの物(洋服など)を贈るのが一般的ですが、母親へのねぎらいの品も喜ばれます。
花を贈る場合は、あまり派手過ぎるものは避けましょう。

胡蝶蘭の花は、匂いがありません。また、花粉が外に出ない構造になっています。そのため、花は好きだけど香りがキツイには苦手、花粉が苦手といった方や、アレルギーが心配な赤ちゃんにも安心してそばに置ける花なのです。(胡蝶蘭の匂いについて、胡蝶蘭の花粉について)
さらに毒性もありません。誤って口に入れてしまうことが多い赤ちゃんでも、安心して傍に置いておける花といえます。(胡蝶蘭の毒性について)

とはいえ、心配なのは花の世話です。
出産を終え、子育てが始まった今、花を世話している時間なんてありません。花の水やりや水替えなどは後回し、まずは赤ちゃん最優先の日々がはじまります。そこで胡蝶蘭が出産祝いに最適な理由があるのです。胡蝶蘭は水やりをほとんど必要とせず、1~2週間に1回の水やりで十分です。それどころか、毎日水やりをしてしまうと、根腐れを起こし枯れてしまいます。思い出した時に水を与えてあげれば、1,2カ月程度は綺麗な花が咲き続けてくれますので、喜ばれること間違いなしです。
出産を頑張ったお母さんには、胡蝶蘭のプレゼントで少しでも癒されてもらいたいものです。

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」といって、赤ちゃんが産まれた今だからこそ、プレゼントするにはピッタリな花だと思います。花言葉に意味を込めて贈られるプレゼントは素敵だと思います。

赤ちゃんにも安心、お母さんにも優しい胡蝶蘭は、出産祝いのプレゼントにおすすめです。


出産祝いに贈る胡蝶蘭の相場


一般的な花のプレゼントとしては、1万円程度のものを贈られる方が多いです。
お祝いする相手との関係性で相場をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

兄弟・姉妹の出産祝い 1万円~2万円程度
友人・知人の出産祝い 5千円~1万円程度
会社の同僚の出産祝い 3千円~5千円程度


出産祝いにはどういう胡蝶蘭が一般的に贈られているのか?


相手との付き合いや関係性によりますが、ミディ3本立ちや大輪2本立ちを贈られる方が多いようです。
贈る相手の好みに合わせて花の色を選ぶと喜ばれます。

出産祝いにピッタリな当サイトおすすめの胡蝶蘭

   

いかがでしたでしょうか。
出産祝いにどんな胡蝶蘭を贈ろうかイメージがついたでしょうか。胡蝶蘭と予算を決めた後は、どうやって贈ろうか考えますよね。胡蝶蘭はプレゼントとしての文化があるため、プレゼントとしてのサービスが整っています。当サイトでは、出産祝いで胡蝶蘭を贈るためのマナーなども紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。
喜んでもらえる胡蝶蘭を選んで、ぜひ大切な相手の出産祝いを贈ってみてください。

「参考になった!」「これからも期待しているよ!」そんな気持ちでしたらクリックお願いします

TOP