【部長就任祝い】昇進祝い・栄転祝いに胡蝶蘭を贈るためのノウハウ

1,431view

どういう胡蝶蘭を贈るのかを決めたら、部長就任の日に合わせて胡蝶蘭を手配します。(昇進祝いの胡蝶蘭の選び方や相場

しかし、いざ贈ろうと思っても、贈答品のマナーや贈り方が分からず、どうしていいのか悩んでしまうことがあるかもしてません。あらかじめ胡蝶蘭を贈る際のマナーを学んでおくことで、相手に対して失礼にならないお祝いを届けることができます。

そこで今回は、昇進祝い・栄転祝いに胡蝶蘭を手配するためのマナーやノウハウをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


昇進祝い・栄転祝い祝いの胡蝶蘭はいつ手配すればいいのか?


花を贈るのは昇進・栄転の当日、もしくは昇進・栄転日以降の仏滅を避けて1週間以内に贈るのが一般的です。

前任者の在職中に贈るのは失礼にあたるので、必ず就任日以降になるよう手配してください。
もし就任が事前発表されたり確実で、どうしても事前に贈りたい場合には、会社宛てではなくご自宅に贈ることで、前任者にも気を配ることもできます。


昇進祝い・栄転祝いで贈る贈答品としての胡蝶蘭


|立札と書き方

立札を付けてお送りしましょう。

せっかくのお祝いの品なのに、立札がないと誰からのお祝いなのか分からなくなってしまいます。また取引先に贈るような場合においては、受け取った相手に対してのアピールにもなります。

このように立札は重要な役割を果たしてくれます。(詳しく知りたい方は、立札の役割や種類で紹介しています。)

立札に記載する文言例としては、「祝 就任」「祝 御就任」「祝 部長御就任」「祝 御栄転」「就任祝」「祝 御昇進」「就任御祝」「御栄転御祝」「御昇進御祝」などがあります。

|ラッピング

お祝いの贈答の品です。胡蝶蘭にはラッピングをして贈りましょう。
もし分かるようであれば相手の好きな色などにすると、より喜ばれることでしょう。

ラッピングのことを詳しく知りたい方は、贈答用の胡蝶蘭のラッピングについても紹介していますのでそちらを参考にしてみてください。


昇進祝い・栄転祝いに関するその他


職場の上司や同僚が昇進・栄転した場合は、職場単位でお祝いするのが基本です。個人的な贈り物は控えましょう。

取引先の担当者が昇進・栄転した場合は、お祝いの品を贈るのかどうか会社の慣例に従います。プライベートでお世話になっているような間柄でない限り、個人的なお祝いも必要ないでしょう。
また、栄転祝いを贈るのは、栄転であることが確実な場合のみです。もし間違っていた場合、不快な思いをさせてしまうので、栄転かどうかわからない場合は栄転祝いは控えましょう。

いかがでしたでしょうか。
今回は、昇進祝い・栄転祝いで胡蝶蘭を手配する方法を紹介しました。昇進・栄転はお祝いするべき新たな門出です。胡蝶蘭は「幸福が飛んでくる」という花言葉を持っており、昇進祝い・栄転祝いにはとても喜ばれる花です。マナーや相手への気遣いなどを踏まえて、大切な方のお祝いに胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょうか。

「参考になった!」「これからも期待しているよ!」そんな気持ちでしたらクリックお願いします

TOP