還暦祝いで胡蝶蘭をいただいた際のお返し

728view

還暦や長寿のお祝いで胡蝶蘭をいただいた方もいると思います。
胡蝶蘭はお祝いの花として、とても縁起が良く、華やかな上に花言葉が「幸福が飛んでくる」といって、お祝い事やプレゼントに最適の花です。そのため、還暦や長寿のお祝いでは胡蝶蘭をいただくことがあります。
お祝いの気持ちを込めて用意してくださった胡蝶蘭です。気をつけたいのはお返しの作法です。

今回は還暦祝い、長寿でのお祝いで胡蝶蘭をいただいた際のお返しやマナーについて紹介したいと思います。


還暦祝いにお返しは必要?


還暦祝いは基本的に家族や親族など身内でお祝いすることが多いです。一般的には「ありがとう」と一言、感謝の気持ちを伝えれば十分です。
家族がお祝いしてくれた場合などは特にお返しなどは必要ありませんが、家族以外の知人や職場の同僚などからお祝いの胡蝶蘭をいただいた場合などは、お返しをするケースも増えてきました。


お返しの相場


お返しの相場は贈られた品物の1/3~1/2程度が目安です。


何をお返しすればいいのか?


還暦祝いのお返しとしてよく贈られるものの一例です。

還暦祝いのお返し お菓子、風呂敷やふくさ、タオルセット、箸や湯のみ

お返しする相手の好みなどを考えながら決めましょう。


お返しをする最適な時期は?


お返しの品を贈る場合、なるべく早い時期に贈りましょう。
胡蝶蘭が配達で届いた場合は、お返しの前にまず電話や手紙で感謝の気持ちを伝えます。


のし・水引のマナーは?


お返しの品を贈る場合、熨斗(のし)を付けてお返しするのが一般的です。
還暦祝い、長寿のお祝いのお返しに使う水引きの種類は「蝶結び」を使用しましょう。
熨斗(のし)の書き方は、上部分に「内祝」「寿」「還暦内祝」などと記入します。


お礼は必要


お返しの品を贈る場合、必ず感謝の気持ちを伝えるメッセージを添えましょう。
相手との関係性によっては堅い言い回しより砕けたメッセージの方がいい場合もあるので、状況に応じて書きましょう。

いかがでしたでしょうか。
還暦のお祝いに胡蝶蘭をいただいた際のお返しについて紹介しました。
還暦祝いや長寿のお祝いのお返しは「必ずこうしなければいけない」というマナーはありません。胡蝶蘭をいただいた相手との関係性を考えながら、状況に応じたものにしていってください。

「参考になった!」「これからも期待しているよ!」そんな気持ちでしたらクリックお願いします

TOP