【移転祝い】会社の移転祝いに合った胡蝶蘭の選び方

1,798view

移転祝いに胡蝶蘭を贈りたいけれど、そもそもどういった胡蝶蘭を選べばいいか分からない方のために、ここでは胡蝶蘭の選び方について花の種類や相場などをご紹介しています。
はじめて胡蝶蘭を買おうと思っている方などは、ここで購入する花のイメージを決めましょう。購入が難しそうな胡蝶蘭ですが、花が決まったあとに、立札の書き方やラッピングなどの贈り物としてのマナーを学びながら購入先を決めいけば簡単に購入することができます。

今回は、移転祝いでどういった胡蝶蘭を選べばいいのかを紹介します。
事業が大きくなることによる事務所の移転は、とてもおめでたいことです。取引先が事務所を移転する場合に、お祝いの気持ちを込めて胡蝶蘭を贈ってみましょう。


そもそも移転祝いとは?


移転祝いとは、特に企業のオフィスの移転をお祝いするもので、個人の引っ越しなどは当てはまりません。オフィスを移転するのは、事業の拡大や手狭になったなどの理由があります。
このようなお祝い事に、今後の益々の発展を願う気持ちを胡蝶蘭に託して贈られることがあります。そのため事業縮小のための移転や撤退のための移転などに移転祝いは必要ありません。


移転祝いに贈る胡蝶蘭の相場は?


一般的には、お付き合い程度の関係性であれば1万円~2万円程度の花を贈られる方が多いです。
大切な取引先などの場合は、3万円程度の花にすると間違いないでしょう。お祝いする相手との関係性で相場をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

(個人購入)友人・知人の移転祝い 1万円程度
(法人購入)取引先の移転祝い 1万円~2万円程度
(法人購入)重要な取引先の移転祝い 3万円程度

相手企業との関係や企業規模によりますが、もし金額に迷われたら、少なめよりは多めの方がいいでしょう。大企業の場合は他の取引先からも立派な花が多数届くことになるため、移転祝いの花が比べられてしまいます。極端に見劣りするようなことがないようにしたいです。


移転祝いにはどういう胡蝶蘭が一般的に贈られているのか?


相手との付き合いの深さや関係性によって変わってきますが、移転祝いには白大輪の3本立ちを選ばれる方が多いです。白い花だとどんな場所に置いても合います。
また、置く場所の関係もあるので、スペースのあまりない所に大きなものを贈るとかえって困らせてしまうこともあります。その辺りも考慮して胡蝶蘭を選ぶと喜ばれるでしょう。

移転祝いにピッタリな当サイトおすすめの胡蝶蘭

   

その他移転祝いに喜ばれる、新しい胡蝶蘭ギフトをお探しの方は、下記のようなフラワーギフトも最近では出てきています。 気になる方は特集を組んでいますので、チェックしてみてください。

いかがでしたでしょうか。
移転祝いにどんな胡蝶蘭を贈ればいいのかイメージがついたでしょうか。
胡蝶蘭と予算を決めた後は、立札、ラッピング、贈る時期などの贈り物としてのマナーを学びましょう。こちらのページに、移転祝いで胡蝶蘭を贈るためのマナーやノウハウを紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。
喜んでもらえる胡蝶蘭を選んで、ぜひ大切な相手の移転祝いを贈ってみてください。

「参考になった!」「これからも期待しているよ!」そんな気持ちでしたらクリックお願いします

TOP