【定年退職のお祝い】退職祝いに胡蝶蘭を贈るためのハウツー紹介

734view

どういう胡蝶蘭を贈るのかを決めたら、退職に合わせて胡蝶蘭を手配することになります。(退職祝いの胡蝶蘭の選び方や相場

しかし、いざ贈ろうと思っても、贈答のマナーや贈り方が分からず、どうしていいのか悩んでしまうことがあるかもしてません。あらかじめ胡蝶蘭を贈る際のマナーを学んでおくことで、相手に対して失礼にならないお祝いを届けることができます。

そこで今回は、定年などによる退職祝いに胡蝶蘭を手配するためのマナーやノウハウをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


定年などによる退職祝いの胡蝶蘭はいつ手配すればいいのか?


お祝いを渡すのは、退職する当日が一般的です。早くても、1週間前~退職当日にしましょう。

会社の上司などが退職する場合、会社で渡すようにします。ただし、大きくて持って帰るのが大変そうな場合は、後日宅配できるように手配すると喜ばれるでしょう。


定年などによる退職祝いで贈る贈答品としての胡蝶蘭


|メッセージカード・立札と書き方

立札かメッセージカードを付けて贈るようにしましょう。立札はビジネスの場面、メッセージカードはプライベートな場面で利用するといいです。
メッセージカードは立札と違い、手紙感覚で記入できるカードです。胡蝶蘭をネットで買うと立札かメッセージカードを付けられる所がほとんどです。

ぜひ相手との関係性に合わせて、立札かメッセージカードを利用しましょう。

立札を利用する場合の文言例としては、「祝 退職」「祝 ご退職」「退職祝」「退職御祝」などがあります。

メッセージカードを利用する場合の文言例としては、
「長い間お疲れ様でした。益々のご健康とご活躍をお祈りしています。」
「退職おめでとうございます。仕事では沢山助けてもい感謝でいっぱいです。」
「仕事では大変お世話になりました。たまには遊びに来てください。」などがあります。

|ラッピング

お祝いの贈答の品です。ラッピングもして贈りましょう。
ラッピングの色は相手の好きな色にすると喜ばれます。

ラッピングのことを詳しく知りたい方は、贈答用の胡蝶蘭のラッピングについても紹介していますのでそちらを参考にしてみてください。


定年などによる退職祝いに関するその他


ビジネス上の贈り物は職場単位で行うのが基本です。個人的に贈り物をしたい場合は、あくまでプライベートなものと考え、会社以外の場所で渡すようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
今回は、定年などによる退職祝いで胡蝶蘭を手配する方法を紹介しました。定年退職は、長年働いてきた勤め先を辞め、新しい人生が始まるとても感慨深いものです。そのお祝いに「幸福が飛んでくる」という花言葉を持つ胡蝶蘭をプレゼントされるのは、とても嬉しいことではないでしょうか。マナーや相手への気遣いなどを踏まえて、大切な方のお祝いに胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょう。

「参考になった!」「これからも期待しているよ!」そんな気持ちでしたらクリックお願いします

TOP