開院祝いで恥をかきたくない方の胡蝶蘭選びと相場

313view

そもそもどういった胡蝶蘭を選べばいいか分からない方のために、ここでは胡蝶蘭の選び方について花の種類や相場などをご紹介しています。

はじめて胡蝶蘭を買おうと思っている方などは、ここで購入する花のイメージを決めましょう。購入が難しそうな胡蝶蘭ですが、花が決まったあとに、立札の書き方やラッピングなどの贈り物としてのマナーを学びながら購入先を決めいけば簡単に購入することができます。

お祝い事では、胡蝶蘭の贈り物が欠かせません。新たに病院や治療院ができたときなど、多くの胡蝶蘭が飾られているのをよく見ます。

そこで今回は、開院祝いでどういった胡蝶蘭を選べばいいのかをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


そもそも開院祝いとは?


開院祝いとは、友人・知人が新しく治療院を開く場合や、医者が独立して病院が新しくできる場合に前途を祝し発展を願う気持ちを品物に託して贈るのが開院祝いです。

この開院祝いでは、応援する気持ちを胡蝶蘭に託して贈られることがあります。胡蝶蘭は縁起物である上に、長い花持ちもされることながら、香りや花粉がほとんどないことから開院祝いでは喜ばれる贈り物のひとつです。


開院祝いに贈る胡蝶蘭の相場は?


一般的には、2万円~3万円程度の花を贈られる方が多いです。重要な取引先などの場合は、5万円程度の花にすると間違いないでしょう。お祝いする相手との関係性で相場をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

(個人購入)友人・知人の開院祝い 1万円程度
(個人購入)身内の開院祝い 親戚1万円~2万円程度、家族3万円~5万円程度
(法人購入)取引先の開院祝い 2万円~3万円程度
(法人購入)重要な取引先の開院祝い 3万円~5万円程度


開院祝いにはどういう胡蝶蘭が選ばれているのか


相手との付き合いの深さや関係性によって変わってきますが、開院祝いには白大輪の3本立ちを選ばれる方が多いです。白い花は清潔感もあり、どのような病院や治療院にもピッタリ合います。

開院祝いには多くのお花が届けられると思いますので、他よりも少し目立たせたい場合は5本立ちの胡蝶蘭を選ぶのもいいと思います。
また、置く場所の関係もあるので、スペースのあまりない所に大きなものを贈るとかえって困らせてしまうこともあります。その辺りも考慮して胡蝶蘭を選ぶと喜ばれるでしょう。
 

開院祝いにピッタリな当サイトおすすめの胡蝶蘭

   

いかがでしたでしょうか。
開院祝いにどんな胡蝶蘭を贈ればいいのかイメージがついたでしょうか。
胡蝶蘭と予算を決めた後は、立札、ラッピング、贈る時期などの贈り物としてのマナーを学びましょう。こちらのページに、開院祝いで胡蝶蘭を贈るためのノウハウやマナーを紹介していますので、参考にしてみてください。
喜んでもらえる胡蝶蘭を選んで、ぜひ大切な相手の開院祝いを贈ってみてください。

「参考になった!」「これからも期待しているよ!」そんな気持ちでしたらクリックお願いします

TOP