受賞祝いに胡蝶蘭を贈るためのマナーや贈り方を紹介

2,283view

どういう胡蝶蘭を贈るのかを決めたら、受賞パーティーなどに合わせて胡蝶蘭を手配することになります。受賞祝いの胡蝶蘭の選び方や相場

しかし、いざ贈ろうと思っても、胡蝶蘭の花を贈るためののマナーや贈り方が分からず、どうしていいのか悩んでしまうことがあるかもしてません。あらかじめ胡蝶蘭を贈る際のマナーを学んでおくことで、相手に対して失礼にならないお祝いを届けることができます。

そこで今回は、受賞祝いに胡蝶蘭を手配するための方法をご紹介します。受賞祝いを贈る際は、ぜひ参考にしてみてください。


受賞祝いの胡蝶蘭はいつ手配すればいいのか?


受賞後に関係者などを招いて、祝賀パーティーが行われることがあります。
そちらに招待された場合は、パーティー開催までに会場に届くように手配しましょう。もしくは受賞が決定後、遅くとも1週間以内に自宅に届くように贈りましょう。

受賞はとてもおめでたいことです。友人や家族の受賞を知ったら、まず電話などでお祝いの気持ちを伝えます。その方が、突然胡蝶蘭が届くよりも、相手へのお祝いの気持ちが伝わりやすくなります。


受賞祝いで贈る贈答品としての胡蝶蘭


|メッセージカード・立札と書き方

パーティー会場に届ける場合は、立札を付けてお送りしましょう。
せっかくのお祝いの品なのに、誰からのお祝いの花なのか分からなくなってしまいます。(詳しく知りたい方は、立札の役割や種類で紹介しています。)
立札を注文する際には、「受賞」と「受章」の書き違い、「勲章」と「褒章」の種類を間違えないように注意しましょう。

自宅に贈る場合はメッセージカードを付けてお送りしましょう。メッセージカードは立札と違い、手紙感覚で記入できるカードです。
メッセージカードを添えて胡蝶蘭を贈るとよりお祝いの気持ちが伝わるはずです。

立札を利用する場合の文言例としては、
「祝 御受賞」「祝 受賞記念」「御受賞御祝」「祝 ○○褒章」などがあります。

メッセージカードを利用する場合の文言例としては、
「栄えある受賞、心からお祝い申し上げます。これからもより一層の活躍をお祈りしております。」
「ご受賞誠におめでとうございます。今後ますますのご活躍を心より祈念いたします。」などがあります。

|ラッピング

お祝いの贈答の品です。ラッピングをして贈りましょう。
ラッピングの色は贈る相手の好みに合わせて選ぶと喜ばれます。

ラッピングのことを詳しく知りたい方は、贈答用の胡蝶蘭のラッピングについても紹介していますのでそちらを参考にしてみてください。

いかがでしたでしょうか。
今回は、受賞祝いで胡蝶蘭を手配する方法を紹介しました。受賞直後に自宅などを訪問し、お祝いを伝えることもあるかもしれません。受賞直後は訪問客も多くあわただしいですが、やはり直接会ってお祝いの気持ちを伝えた方がいいものです。その場合は、当日にお祝いの胡蝶蘭を持参しなくても、後日あらためて贈る形でかまいません。
失礼のないようマナーや相手への気遣いなどを踏まえて、大切な方の受賞のお祝いには胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょう。

 

「参考になった!」「これからも期待しているよ!」そんな気持ちでしたらクリックお願いします

TOP