引っ越し祝いで胡蝶蘭をいただいた際のお返し

76view

引っ越しといっても単なる転居の場合、引っ越しのお祝いをいただかないことが多いと思います。そのため、引っ越し祝いで胡蝶蘭をいただいた方というのは、とくに親しい方やお世話になっている方などではないでしょうか。
胡蝶蘭はお祝いの花として、とても縁起が良く、華やかな上に花言葉が「幸福が飛んでくる」といって、お祝い事やプレゼントに最適の花です。そのため、引っ越しのお祝いに親しい方から胡蝶蘭が贈られることがあります。

お祝いの気持ちを込めて用意してくださった胡蝶蘭です。気をつけたいのはお返しの作法です。
そこで今回は、引っ越し祝いで胡蝶蘭をいただいた際のお返しやマナーについて紹介したいと思います。参考にしてみてください。


引っ越し祝いにお返しは必要?


引っ越し祝いへのお返しが必要だというマナーはありません。
しかし、引っ越し祝いに胡蝶蘭を贈ってくださる方です。お礼の気持ちを示したい場合は、ぜひお返しをしましょう。

もし、お返しをしない場合でもお礼状を出すのがマナーです。感謝の言葉や今後のお付き合いをお願いする言葉などを書き、必ずお礼状を出すようにしましょう。


お返しの相場


お返しをする場合、いただいた胡蝶蘭の1/3~1/2程度の金額が相場となります。
そのため、引っ越し祝いのお返しでは、2,000円前後くらいの品物をお返しすることになるかと思います。


何をお返しすればいいのか?


引っ越し祝いのお返しは本来必要ありません。そのため、あまり大袈裟なものにしないのが基本です。
ちょっとした実用品が相手も負担を感じず、喜んでもらえるのではないでしょうか。

お返しとしてよく贈られるものの一例です。

引っ越し祝いのお返し タオルセット、食器、お茶など


お返しをする最適な時期は?


お返しをするのであれば、引っ越し後、早めに贈るようにしましょう。


のし・水引のマナーは?


お返しの品を贈る場合、熨斗(のし)を付けてお返しするのが一般的です。
引っ越し祝いのお返しに使う水引きの種類は「蝶結び」を使用しましょう。
熨斗(のし)の書き方は、上部分に「御礼」と記入します。

いかがでしたでしょうか。
今回は、引っ越し祝いで胡蝶蘭をいただいた際のお返しやマナーについて紹介しました。引っ越し祝いに胡蝶蘭をいただいたということは、新天地での門出を応援する気持ちを胡蝶蘭に込めて贈られたのだと思います。


お祝いをいただいた方に対して、失礼のないようお礼状やお返しの品の贈り忘れがないようにしましょう。

「参考になった!」「これからも期待しているよ!」そんな気持ちでしたらクリックお願いします

TOP